断食4日目<水曜日>回復食へ

やすらぎの里断食一週間プラン4日目スケジュール

 

断食4日目自己計量

やすらぎの里断食一週間プラン4日目計量

断食4日目の体重

87.6kg。

 

昨日が88.7kgでしたから、更に1.1kg一日で減った計算になります。

 

4日で4.6kg、やっぱり人って食べなきゃ痩せます。

 

断食4日目の朝食

やすらぎの里断食一週間プラン4日目朝食

本日から断食回復食おかゆセット

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目朝食

3分粥

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目朝食

お麩の味噌汁

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目朝食

梅干し1個

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目朝食アウトデッキで

お天気が良かったのでアウトデッキでいただく

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目朝食完食

しっかり全部食べました

 

断食4日目の治療施術

本日のメイン施術は鍼灸、そして背中ローラーと足エアーマッサージ。

 

鍼灸がとても心地よく、これもオプションにしても良かったと思うほど。

 

施術後は昨日のウォーキングしたので1日休息日にしようと思いましたが、明日の天気予報が雨だったので、天気の良いこの日もウォーキングをすることに。

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目ウォーキング大室山

目指したのは大室山

 

ところがコレが大誤算。

 

延々と続く歩道のない登り坂の国道を1時間以上歩くことになってしまった。

 

なんとか目的の大室山についたのでせっかくだからとロープウェイに乗って頂上に。

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目ウォーキング大室山

やすらぎの里断食一週間プラン4日目ウォーキング大室山

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目ウォーキング大室山

晴れていれば富士山も見えるとのことでしたがこの日はアウト

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目ウォーキング大室山

 

結局14000歩も歩いてしまい、筋肉痛と靴擦れができてしまった...

 

断食4日目の夕食

やすらぎの里断食一週間プラン4日目夕食回復食

5分粥、梅干、豆腐の味噌汁

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目夕食回復食

5分粥だとこんな感じ

 

 

やすらぎの里断食一週間プラン4日目夕食回復食

すべてキレイにいただきました

 

この日から回復食となったが、私的にはまだまだ断食を続けられると思えるほど平気でした。

 

もしかしたら私は断食に向いているタイプ?なのかもしれません。

 

これなら自宅でもチョイチョイ断食ができそうだとも思ったくらいですから。

 

ただお粥にはこの日一日で飽きてしまいました。お粥ならもう食べたくないという気持ちでいっぱいです。

 

4日目の日記

昨日の韓流DVDがたたり睡眠不足ぎみだったが、朝6半に起床し7時からの目覚ましヨガ、気功体操を続け行う。
そして今日の施術は鍼灸。
特にコリがあった腰と肩を中心に約15分、これも気持ちよかった。
気功体操を指導してくれる先生の鍼だったか、とても効いた。
この次のオプションは鍼灸でもいいなーと感じたほどうまかった。
そんなこんなで10時になり、いよいよ断食回復食の1食目、朝10時の朝食。
具はお扶3切れのおみそ汁と玄米の重湯、そして小さな梅干し1粒。
たったこれだけなのだが、これでもゆっくり味わって食べていると不思議と満腹になる。
思わず半分くらい残しそうになったが、断食プログラムを忠実に実行してどのくらいの効果があるかを検証してみたかったので全部食べた。
うまかった。
でも帰りの日には絶対伊豆名物のキンキの煮付けを食ってやろうという決心は変わらない。
どうやら4日目になっても私の美食に恋い焦がれる煩悩はまったく消えていないらしい。

 

回復食をキレイにたいらげたあとは夕食6時まではフリータイム。
昨日ウォーキングで1万歩歩いたので今日は休息日にしようと思っていたのだが、明日木曜日の天気が雨の予報だったので、明日を休息日とし今日もまたとことんウォーキングをすることにした。
昨日は海だから今日は山方面ということで、「大室山」を目指すことに決定。
予定としては昨日と同じウォーキング2時間コースにしたつもりだったのだが、これが全然違っていた。
地図上では海を目指すコースよりも1.3倍くらいの感覚だったが、山って基本的に平地にはなくって往路はすべて上り坂、しかもかなりの急勾配でコレにやられてしまった。
歩いても歩いても上り坂の連続、しかも歩道がないのですれ違う車の恐怖とも戦いながら、汗だくになってひたすら歩く。
そのうち足が悲鳴を上げだし履きなれていない靴なので靴擦れまでできてくる始末。
なのに目的地ははるかに遠い。
かといって引き返すのも情けなさすぎる。
いつか到着するはずだと思って一歩づつ歩いていくしかない。

 

これはまさに私の仕事とも一緒で、いつ報われるかもわからないインターネットの世界でコツコツと自営業で作業しつづける自分を投影しているような歩みだった。
そうしてやっとのことで大室山に到着したので記念だと思いロープウェイで登頂まで行ってみたが、Tシャツ一枚で汗だくで歩いていた私に大室山登頂部の風はあまりにも寒く、風邪をひきそうな感じにまで冷えきってしまった。
本当なら大室山の登頂部はお椀状になっている最上部をぐるっと1周20分で散策できるようになっているのだが、Tシャツ1枚では絶対ムリなので諦めることにした。
そして晴れている日は遠く富士山が見えるというのだが、本日は晴天だが富士山方面に薄雲がでていて裾野のシルエットがかろうじてわかるくらいだったので超残念。
最初の動機付けは「富士山を見る」ことだったので寒さもあいまってモチベーション急降下となり、そのまま道場に帰ることに。
とはいっても帰りは下り坂だから楽かと思ったら大間違いで、ゆるやかに下りながらもアップダウンしつづける道に足の靴擦れが悲鳴をあげる。
それでも根性で歩き続け、道場に帰ってきたのは2時間半後、歩数14000歩、9,2kmのウォーキングだった。
ただ今日のウォーキングの代償は高くつきそうだ。
足の靴擦れ、悪寒、筋肉痛。
これだけが残る後味の悪いウォーキングだった。
帰ってきてすぐに露天風呂で汗を流しカラダを暖めたので、大事にはいたらなさそうだが少しだけ頭痛がしている。
これは一晩寝たら直るのかな?と思いつつ韓流ドラマの続きにハマる。

 

断食回復食の夕食は、豆腐のおみそ汁と玄米の重湯、そして小さな梅干し1粒。
みそ汁の具が豆腐にかわり、玄米の重湯が3分がゆから5部がゆになっただけで味はまったく同じ。
とはいえ味覚が鋭くなってきているのか、1つ1つの素材の味がよくわかって味わえるのが不思議。
今日はたくさん歩いたので、普通ならビールにはじまる味付けの濃い食事をするハズ。
そう考えるとこんな回復食だけでもお腹がいっぱいになるのだから不思議だ。
つまり今までは自分の煩悩に任せ、好きなものを好きなだけ食べていただけで、カラダのことなんて何も考えてずに食べたいものだけをひたすら食べ続けていたんだなーと思った。
この気づきは大きい。
早速、自宅に帰ってからも同じような断食効果を得られる素材をウェブで調査。
いろいろチェックしてみたが、食事を抜かす断食(ファスティングダイエット)には酵素ドリンクが良さそうだとわかった。
そのなかでも完全無添加の「優光泉(ゆうこうせん)」という酵素ドリンクが一番カラダに良さそうだったので、とりあえず注文をして自宅に帰ってからコレでカロリー制限を続けてみようと思う。
この日の夜はウォーキングの疲れを癒すためベットの電気毛布を使ってカラダを暖めつつ韓流ドラマに興じ、気がついたら翌1時だった。
消灯時間は22時なのに。

 

【NEXT】
⇒ 【断食効果一週間】5日目、回復食生活2日目